ad

競合ターゲティングについて

競合ターゲティングについて

この記事をご覧いただいている皆様は、「競合企業の顧客や見込み顧客にアプローチしたい」と
思われいる方がほとんどだと思います。

結論、web広告においては、上記顧客に対してアプローチ可能です。
本コラムではその方法について紹介いたします。

競合ターゲティングに用いられる手法

ディスプレイ広告

1.Twitter広告

Twitter広告の手法は2つあります。

①キーワードターゲティング  ②フォロワーターゲティング

①キーワードターゲティング

特定のキーワードについて、検索、ツイート、またはエンゲージメント(反応)したことのあるユーザーへ配信することが可能です。

活用例)
キーワードを、競合企業名やその商材名を設定することにより、ターゲティングする。

②フォロワーターゲティング

特定のTwitterアカウントのフォロワーと行動が似ているユーザーへ配信することが可能です。

活用例)
競合企業のアカウント名を設定して、ターゲティングする。

ただし、こちらの注意点としては、あくまでそのフォロワーと行動が「似ている」ユーザーへの配信となります。

そのため、①の方が競合ターゲティングの精度が高いと言えるでしょう。

2.Yahoo!ディスプレイ広告

Yahoo!ディスプレイ広告の手法は2つあります。

①サーチターゲティング  ②競合サイト離脱者ターゲティング

①サーチターゲティング

特定のキーワードを検索したことのあるユーザーに、バナーで配信することが可能です。

活用例)
キーワードを、競合企業名やその商材名を設定することにより、ターゲティングする。

②競合サイト離脱者リターゲティング

特定のサイト(URL)から離脱したユーザーに配信することが可能です。
その名の通り、競合企業のサイトから離脱したユーザーに対して、リターゲティング配信が可能となります。

また、URLは複数設定可能であり、このコラムで紹介する全手法の中で最も優れたターゲティングとなります。

※注意点としましては、配信するためには、Yahoo!から認定されている一部の広告アカウントのみ利用 可能で、更にYahoo!DMPを保有するしている必要があります。弊社の場合は、いづれも該当しているため、+αで費用が発生せず配信することが可能です。

3.ジオターゲティング

ジオターゲティングとは、特定のエリアを指定して、そのエリア内にいるユーザーへ配信できる手法です。

活用例)
競合企業の商圏エリア50m以内のユーザーにターゲティングする

通常のネットワーク配信と違い、実際に足を動かして店舗に訪れているモチベーションの高いユーザーへ配信することが可能です。

ただ、2021年1月現在の精度だと、20m~50mあたりは誤差が出ると言われております。
(イメージとしては、Googleマップで起こる位置情報のズレに近いです。)

そのため、配信したくないユーザーへ多く配信していまう事象が発生しますので、個人的に現時点では推奨することはいたしません。

リスティング広告

4.Google・Yahoo!リスティング広告

特定のキーワードを検索したユーザーに、その検索結果の下に広告を表示させることが可能です。

活用例)
キーワードを、競合企業名やその商材名を設定することにより、ターゲティングする。

※ただし、推奨はいたしません。(基本的に広告代理店は推奨はしていません)理由としましては、倫理的観点からです。各社が競合のキーワードを設定することにより、終わらない入札の闘いになってしまうため、各社暗黙の了解で、競合キーワードを設定しないようにしています。
また、メディアも推奨しておりません。万が一、競合企業が自社名のキーワードで配信していた場合は、止める処置も可能です。


さいごに

ご紹介してきたように、競合企業へのターゲティング手法、メディアは様々あります。
いきなり全てを実施することは、予算と工数がかかるため、非効率的になるでしょう。

そのため、その中で「自社にとってどれが一番効率的か」選ぶことが重要になります。

その選ぶ要素としては、自社商材やメイン顧客層との相性だったり、そもそもの効率性(クリック単価やCV単価など)が大事な要素となります。

弊社は、2008年~約12年に渡り、web広告の代理店として、運用型広告の業界を牽引してまいりました。

webプロモーションにおいて、何かお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。


ハートラスの広告運用サービスの詳細はこちらご相談やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

この記事のライター

榎玲耶

榎玲耶株式会社ハートラス

セールスディヴィジョン

生まれは青森、出身は熊本。地方活性化を胸に上京し、2017年に株式会社ハートラスに入社。「クライアント課題に徹底的に向き合う」ことをモットーに、多岐に渡る業種で広告のプランニングや、インハウス支援などを担当。

おすすめの記事