ad

【ショッピング広告】従来型のショッピングキャンペーン(PLA)とスマートショッピングキャンペーン(SSC)の違いについて

【ショッピング広告】従来型のショッピングキャンペーン(PLA)とスマートショッピングキャンペーン(SSC)の違いについて

本コラムでは運用型広告の配信を検討されているご担当者様向けに、Googleショッピング広告における商品リスト広告(PLA)とスマートショッピング広告(SSC)の違いについて解説にしています。

ショッピング広告とは

ショッピング広告は小売店のためにGoogle広告のメニューです。ECサイトや実店舗で在庫のある商材の広告掲載することで、サイトアクセス数や実店舗への来店を促進しつつ、売上を伸ばすことを目的とした場合に用いられる広告です。ユーザーが検索するキーワードに合わせて出稿でき、広告掲載枠はリスティング広告の上部や右側の位置に掲載されます。特にスマートフォンではリスティング広告の上部掲載される画面占有率が非常に高い広告になります。

ショッピング広告画像例

なかでもGoogleショッピング広告は現在、従来型のショッピングキャンペーン(PLA)とスマートショッピングキャンペーン(SSC)の2種類のタイプが存在します。
本コラムではスマートショッピングキャンペーン(SSC)を中心に説明いたします。

従来型のショッピング広告(PLA)の配信特徴やメリットにつきましては弊社の別コラムにて詳細を説明しておりますので、参考にしていただけますと幸いです。
<ショッピング広告のメリットとは?>

SSCとは

スマートショッピングキャンペーン(SSC)とは、何か説明いたします。
SSCはPLAとディスプレイ広告(ディスプレイリマーケティングを含む)の特徴を兼ね備え、機械学習を利用し、クリエイティブ生成、ターゲティング、広告の配信場所(配信ネットワーク)入札調整までが自動化されたキャンペーンタイプになります。

最初にメリットと配信面から説明いたします。

1. メリットと配信面

SSCのメリットは大きく3点ございます。
PLAとの大きな違いとして機会学習による最適化を全面にしたキャンペーンタイプになっております
(1)Googleの機械学習の技術を駆使し、ショッピング広告のパフォーマンスを向上させる。
(2)購入サイクルにあるすべてのユーザーファネルで広告を表示する。
(3)指定した目標を基準にプレースメントと入札単価が自動的に調整される。

機械学習を活用し、テキスト、デスクトップ、モバイル端末画像等、全ての広告でユーザーに適切な広告が生成されます。また、ユーザーの興味関心や位置情報など無数のコンバージョンのシグナルをもとに最適化し、指定された予算・入札戦略の範囲内で最大限のパフォーマンスを発揮すべくプレースメントと入札単価を自動的に調整します。

配信面は、Google検索ネットワーク、Googleディスプレイネットワーク、YouTube、Gmail などのGoogleネットワーク全体での配信が可能です。
<参照:新しいショッピングキャンペーンで売り上げを伸ばし、より多くの顧客にリーチする>https://www.blog.google/products/ads/drive-sales-and-reach-more-customers/

SSC掲載例

2. 規定について

スマートショッピングキャンペーンのテキストや画像の規定を下記にまとめます。
配信準備する際は、文字数や画像容量にご注意下さい。

SSCの規定について

3. 注意点

SSCを配信するにあたり設定上必要な箇所や確認すべき箇所が複数ございます。
下記に配信前に確認すべき4点を記載いたします。

1.商品データフィードがなければ配信できない。

PLAと同様にGoogle広告アカウントと商品データフィードが登録されたGoogleマーチャントセンターアカウントとの連携が必要になります。
<参考:ショッピング キャンペーンとショッピング広告について>
https://support.google.com/google-ads/answer/2454022?hl=ja

2. スマートショッピングキャンペーンを使用するには、以下の要件を満たす必要があります。

-注文や購入ごとに値を割り当てるよう、事前にコンバージョントラッキングを設定する。
-既存のショッピングキャンペーンで過去45日間に20件以上のコンバージョンを獲得している。
-ウェブサイトにグローバルサイトタグを追加し、100人以上のアクティブユーザーを含むリマーティングリストをアカウントに関連付ける。
-ショッピングキャンペーンの要件を満たし、ショッピング広告のポリシーに準拠していること。
<参照:スマートショッピングキャンペーンについて>
https://support.google.com/google-ads/answer/7674739?hl=ja

3.SSCについては、広告グループは1つ以上作成できない

PLAと異なり、広告グループが一つしか作成できないため、どのような設計で配信していくのかを考える必要性があります。例えとして既にPLAでは商品別に広告グループを作成・検証が可能ですが、SSCでは1つの商品を指定して配信する形になります。

4. コンバージョン(CV)値の計測が必要

CV数の最大化、目標ROASといった入札戦略はどちらも「コンバージョン値」を基準に媒体で最適化されるため、コンバージョン数だけではなく、コンバージョン値までトラッキングする必要があります。
<参考:注文や購入ごとに変動するコンバージョン値をトラッキングする>
https://support.google.com/google-ads/answer/6095947?hl=ja

※入稿いただいた画像アセットから動画が自動で生成される(2021年1月現在)
フォーマットオプション「自動生成動画」がデフォルトで設定されており、登録しているフィード内の画像から自動的に生成される仕様になっております。
適用を解除する場合は、管理画面等からOpt-out することはできず、アカウントの管理者権限をもつメールアドレスからGoogleヘルプへご依頼することが必要になります。

PLAとSSCの違いについて

PLAと同様にフィードを基に広告配信が行われている点に関しては類似しておりますが、どちらも可能・不可能な点がございます。下記表にSSCとPLAとの相違点についてまとめます。

PLAは検索語句をもとに広告が表示されるのに対し、SSCは検索のみならずGoogleディスプレイネットワーク(GDN)、YouTubeやGmailに対応して広告が表示されるる点が大きいです。
また、機械学習による最適化に重きを置いているためターゲティングや入札方法が自動となっています。
一方で自動になっている分、手動で一つ一つの細かい調整ができないのがSSCのデメリットとなっています。

SSCとPLAの違い

まとめ

今回はSSCの特徴やPLAと違う点についてお伝えしてきました。
既存で出稿しているリスティング広告と兼ね合いを決めることで売上増加につなげることが可能となります。実施しているECサイトの取り扱い商材やフィードの状況に合わせ、商品リスト広告(PLA)とスマートショッピングキャンペーン(SSC)を有効にご活用ください。

本コラムから現在注目されているメディアの運用型広告を知っていただいたうえで、もし配信を検討されておりましたら弊社で広告運用のご支援やコンサルティングが可能です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


ハートラスの広告運用サービスの詳細はこちらご相談やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

この記事のライター

吉田成孝

吉田成孝株式会社ハートラス

トレーディングディヴィジョン

2019年株式会社ハートラスへ新卒入社。1年目から大手案件の運用コンサル担当として従事し、現在も複数のクライアントの運用の実行・分析に携わる。

おすすめの記事