knowledge

キーワードリサーチ戦略競争を深掘りする必要はなし!

キーワードリサーチ戦略競争を深掘りする必要はなし!

オーガニックトラフィックを指数関数的に増やすには2つの方法しかありません。

1つ目は、さまざまなキーワードリサーチ戦略を使用して、これらのフレーズの順位付けに役立つ可能性のある新しいコンテンツを作成することです。

もう1つは、競合他社にとってうまくいっている事項を把握し、その洞察を用いて次にとるべき行動を進めることです。

このような戦略は、長く複雑なプロセスだと思えるでしょう。しかし、それは違います。競争力のあるキーワードのリサーチでも、完了するのにほとんど努力を必要とせず、一方で信じがたいほどの結果をもたらします。

なぜなら、競合他社のキーワード戦略を絞り込むことが、最も簡単かつ素早く結果を得る方法であるからです。それ以外の場合も、試行錯誤を重ねることなく実行できることは言うまでもありません。

そのため、この記事では、競合他社の分析を利用してキーワードを明らかにし、他社のオーガニックトラフィックと競合しうるコンテンツを作成する方法を学びます。

戦略を深く掘り下げる前に、概念とプロセスをよりよく理解するのに役立つ基本的な情報をいくつか取り上げます。

競合キーワード分析とは

競合キーワード分析とは、簡単に言えばa)実際のオンライン競合相手が誰であるかを理解し、b)その成功を助けている特定のキーワードまたはトピックを特定するプロセス です。もちろん、自社の目標は新しいフレーズ、つまり競合他社の成長達成に役立つフレーズを見つけることですが、まだ現時点では特定できていません。

なぜ、競合他社分析はSEOの成功にとって重要なのか?

まず、この戦略は、一般的に業界で有効な戦術を明らかにするのに役立ちます。SEOリサーチャーが新しい機会を見つけようとしたときに抱く最大の課題の1つは、その業界全体を理解できないことです。

しかし、それは当然のことです!あなたが極端に小さくて限られたフィールドで働いていない限り、広範囲の市場規模に直面しなければなりません。その範囲は数千種類ものキーワード、フレーズ、検索クエリやトピックに及びます。もちろん、自分ですべてを網羅することは不可能です。少なくとも、長い時間がかかります。

競合他社のキーワードを分析することは、プロセスのスピードアップに役立ちます。

研究することで、自社で使える新しい戦略を明確にできます。競合他社はおそらく検索可視性を獲得するために複数の方法を使用してきます。リバースエンジニアリングは彼らの成功をあなたに伝え、あなたが思いつかなかったアイデアを伝えてくれるでしょう。

最後に、徹底的な競争分析はあなたのSEOにおける努力の助けになるでしょう。競合企業が成功した事柄を知ることは、あなたが注意を払うべき戦略を知ることでもあります。

競合キーワード分析を実行する方法

競争力のあるキーワードを完全に分析するために、あなたがするべきことは次の通りです。

1.自社の本当の競争相手を見分けなければなりません。もしかすると、市場シェアを競い合う企業が、自社と同じオンライン顧客をターゲットにしていない可能性もあります。

2.次に、両方のキーワードがすでにターゲットにしているものを発見し、その過程で競合他社が使用しているフレーズを見つけ出す必要があります。このステップをコンテンツギャップと呼びます。

3.最後に、これらの元のキーワードを分析して、優先すべきユーザーを見つけます。

詳しくは下記に述べます。

ステップ1 実際のオンライン競合相手を識別する

自社が市場シェアを競っている会社、つまり直接の競争相手であり、同じターゲット顧客に同様の製品を提供する会社のリストは持っているでしょうか。

あなたのターゲット顧客を引き付けようとしている他のウェブサイトについて、それらは自社の補完的なサービスや製品をあなたに提供してくれている会社かもしれません。もしくは非商業的ウェブサイト(ウィキペディアなど)かもしれません。つまり、直接の競合相手でない可能性もあるのです。

私はGoogle ImagesのSEOを分析しなくても良いと思いますが、例えばEtsyとPolyvoreは、直接市場シェアを狙って戦うわけではないとしても、新しい商機についての洞察を得ることができます。

オンラインの競合他社について重要なのは、これらのドメインが、自社が得るべきトラフィックを獲得してしまっているということです。

したがって、あらゆる競合分析における最初のステップは、コンテンツのギャップを埋めてトラフィックを獲得するために「どの企業に注目するか」を考えることです。

それには、以下の2つの方法があります。

・手動 – 自社のトップキーワードを検索し、それらのフレーズで自社を凌駕するウェブサイトをリストアップする。

・自動化 – 検索ランドスケープを分析できるテクノロジプラットフォームを使用。

seoClarity は競合他社の自動検出機能を提供し、検索トラフィックを自社と競っているドメインについて即座に洞察を提示します。

ステップ2 コンテンツギャップを特定する

競合先がわかったら、まずドメイン戦略の分析から始めます。おすすめなのは競合他社がすでにランク付けしているキーワードを識別することです。また、2つ以上のドメインのキーワードセットを比較して、ランクが一致する一般的なフレーズと特定フレーズを見つけるのも同じくらい簡単な方法です。

以下は、 2つのドメイン間のseoClarityにおけるコンテンツギャップ分析の結果です。

これらの違いに注意してください。両方のドメインがかなりの数のキーワードを共有していますが、プラットフォームはキーワードポテンシャルを約200万と推定しました。

上記のレポートは、もちろんこれらすべてのキーワードをターゲットにする必要があると示唆するものではありません。ただし、コンテンツギャップをさらに分析することで、オンラインでの認知度を高める絶好の機会を見つけられます。

ステップ3 競合ドメインに優位性を与えているコンテンツを分析

競合相手のトラフィックに影響を与えるキーワードを識別するのは、分析の第一歩です。次に、それらのページがなぜ高く評価されるのか、その理由を探りましょう。

たとえば、このドメインをよく見ると、どちらも同じキーワードにランク付けされています。しかし、自社の競争相手はかなり上回っています。

しかし、彼らのランキングページを見ると気づくこともあります。

・そのページでどのようなコンテンツがあるか

・ページ構造、キーワードの最適化などはどうか

この例では、競合他社にはページの最適化を促進するのに役立つ長文のカテゴリ説明が含まれていることがわかりました。

しかし、なぜコンテンツだけを見るのでしょうか。

ページをランク付けするには、コンテンツを魅力的なものにするだけでは足りません。バックリンク、ドメイン権限、その他の要素も、ページがSERPsのどこに配置されるかに影響します。

ステップ4 他の要因によってランクが上がるのを確認

競合他社のキーワードとコンテンツ戦略に関する知識を得たら、平準化のプロセスにかかりましょう。彼らのコンテンツのバックリンクプロファイルを研究してください。このアプローチは、ブログ、記事、その他の教育コンテンツのような非営利ページに特に適しています。

バックリンクプロファイルを分析すると、競合相手が検索画面で彼らのページを後押しするために、リンク構築戦略に従事しているかどうかを査定できます。または、他のユーザーが検索結果でそのコンテンツを参照することを期待してコンテンツを作成することを目指している場合もあります。

まとめ

多くの方法でオーガニックトラフィックを増やすことができます。たとえば、データを使用して新しいコンテンツの機会を特定します。または、競合他社が持つ有効な戦略を特定して改善します。どちらのアプローチも同じようにうまく機能し、多くの場合、すぐに結果を得られる簡単な方法です。言うまでもありませんが、長い試行錯誤を繰り返す必要はありません。この記事を読んだ後、あなたはSEOのために競争分析を実行することから始めようと考えるのではないでしょうか。

 

※本記事は弊社と業務提携している米国seoClarity社のブログを翻訳し記載しております。

 

You Don’t Have to Dig Deep with This Competitive Keyword Research Strategy

 

https://www.seoclarity.net/blog/seo-competitor-analysis-16701/

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事