knowledge

最適なキーワードポートフォリオの作成

最適なキーワードポートフォリオの作成

最近の社内調査によると、顧客の90%近くが自社ブランドの効果的な販売方法、データの収集と分析方法、およびこれらの作業を支援するために設計されたソフトウェアの使用法を最大限に活用していません。

当社のクライアントサクセスチームのガイドは、seoClarityプラットフォームに不慣れなお客様が、見込み客が自社の製品やサービスを検索する際に使用する可能性が最も高いキーワードを特定できるようナビゲートし、最大限に活用できることを目的としています。

私達はこれをキーワードポートフォリオの構築と呼びます。そしてあなたがこの記事を読み終えるまでに、ポートフォリオ内の用語をターゲットにしたコンテンツを作れるようになるべく、努力します。

 

キーワードポートフォリオはなぜ重要か?

キーワードは、自社の製品やサービスをターゲット市場の潜在的な顧客と結びつけます。したがって、これらに関するSEOはマーケティングの成功に大きく影響します。ただし、キーワードの検索数が常に変動しているため(最近のアルゴリズムの更新で Googleが注目を集めていることは言うまでもありません)、ターゲット市場で最も頻繁に使用されるキーワードと、ターゲットとするキーワードを優先する必要があります。

キーワードリサーチの実施は、ターゲット市場をよりよく理解し、ユーザーの検索内容に合わせてキャンペーンを調整できる最も効果的な方法の1つです。この調査は、キーワードポートフォリオを構築し、その周辺のコンテンツを最適化するのに役立ちます。これにより、ターゲット顧客と、企業が提供する製品やサービスをより効果的に一致させることができます。

次の統計は、キーワードポートフォリオが会社にとってどれだけ価値があるかを示しています。

・Googleには1日あたり50億を超える検索があります。これは、世界中でオンラインにいる20億人の人々の平均で、1人あたり約2.5検索です。
・75%の人が検索結果の1ページ目のページをクリックしています。
・サイトトラフィックの65%が検索エンジンからのものです。いくつかの研究では、この数は90%にも達すると主張しています。

 

キーワード研究のための最良のシステム設計

検索エンジン用にコンテンツを最適化することは重要ですが、SEOは「システムの不正行為」や過剰なリンクの構築を示すものではありません。ユーザーが何を望んでいるのかを理解し、それを彼らに提供し、自社ブランドを競合他社と区別し、それを迅速でエラーのない結果にすることが大切です。この分野での研究と経験を通して、seoClarityはキーワード研究に定評のあるシステムを開発しました。

 

・戦略的アプローチを定義する – マーケティングキャンペーンに戦略的アプローチを設計することによって、あなたとあなたのチームメンバーが一貫した意思決定をしていることを確認してください。私たちは、この検索経験の最適化を、経験豊富なSEOストラテジストからコンテンツ作成者まで、組織内の全員を巻き込む方法論と呼びます。

バトルテスト済みのフレームワークを採用する – 何をする必要があるのかを正確に定義し、これらのタスクがどのように達成されるかを明確にレイアウトします。seoClarityでは、このコア要素に着目して、ユーザーエクスペリエンスへのすべてのマーケティング活動を整列させるURAというフレームワーク※を採用することをお勧めします。このフレームワークの詳細については、電子書籍 『Structing Your SEO』を参照してください。
※Usability Relevance Authorityの頭文字を取ってこう呼ばれます

最先端のテクノロジーを活用 – seoClarityのキーワードリサーチツールを使用して「よりスマートに、より複雑な」作業を加速し、規模を拡大します。

 

完璧なキーワードポートフォリオ

完璧なキーワードポートフォリオを構築することの主な課題は、サイトへのトラフィックを促進している数千のキーワード(または現在ランク付けされている用語)を絞り込み、かつエンタープライズSEOプラットフォーム内で優先して追跡するキーワードを決定することです。

ここで、私たちのBOBメソッドが役立ちます(これについては、後で詳しく説明します)。この方法は、自社の業界に関連するキーワードを識別するのに役立ちます。そこから、上位にランク付けされているキーワードを絞り込むことができます。最後に、トラフィックを促進するキーワードのみを選択できます。

さらにポートフォリオを構築するには、seoClarityプラットフォームを使用して以下のタスクを完了します。

 

シードタームとそのバリエーションの識別 – seoClarityは、トピックエクスプローラで簡単に読みやすい形式でシードタームとそのバリエーションを識別するのに役立ちます。

seoClarityのトピックエクスプローラダッシュボード

 

seoClarityのトピックエクスプローラのキーワードパターン

 

収集したキーワードの関連性を判断する – Content Gapsを使用すると、機械学習分析を利用して、最大の競合企業に対してWisdom of the Crowdsアプローチを実行できます。

 

BOBとは何か?

キーワードポートフォリオは、ベンチマーク、最適化、および構築の3つの主要カテゴリで構成されています。4つ目のカテゴリであるSpecial Projectsも、コンテンツプランニング戦略に適用できます(下記参照)。以下は、この概念についてもう少し詳しく解説します。

 

ベンチマーク(キーワードポートフォリオの30%) – ベンチマークキーワードは現在の掲載結果に影響するものです。これらのキーワードは非指名ワードからの流入の少なくとも60%を占めています。

最適化(キーワードポートフォリオの30%) – 最適化されたキーワードは(検索結果1ページ以内に表示されなくとも)、ランキング入りすることが多くなります。これらのキーワードを見つけるには、検索グリッドを使用して検索量の多いキーワードを発見することです。

構築(キーワードポートフォリオの30%) – 構築キーワードは、ランク付けされていないものの、関連性があるキーワードです。2つ以上の競合他社がランク付けされているけれど自社がランク付けされていない用語を調べ、それらの上位キーワードをポートフォリオに組み込みます。

Special Projects(キーワードポートフォリオの10%) – キーワードポートフォリオのごく一部を占めています。これらは一回限りのプロジェクトとテストのため、より実験的な方法で扱われます。長期的な戦略とキーワード計画のためにこれらのワードを追加してください。

 

結論

seoClarityでは、成功するマーケティングキャンペーンを迅速かつ効果的に構築するために必要な情報を入手できます。役立つキーワード調査ツールを提供することで、ユーザーは常にトレンドを把握し、これまで未開発だった市場に参入することができます。

よくある質問と主な問題点
Q:自社がすでにキーワードポートフォリオを構築するためのアプローチを持っている場合はどうなりますか?

A:多くの企業はすでにキーワードリサーチへのアプローチを持っていますが、これは彼らが新しくより包括的な戦略を駆使して利益を得られないということにはなりません。seoClarityがもたらすセカンドオピニオンは、以前にはアクセスできなかったデータにアクセスするのに役立ちます。

この記事における重要な注意点をまとめてみました。

 

・キーワードポートフォリオを使用することは、ターゲット市場でどのキーワードが検索されているかを知り、キャンペーンをそれらに合わせて調整する方法を発見することに繋がります。

・シードタームとそのバリエーションを識別し、集められたキーワードの関連性を判断し、そしてseoClarityの最先端技術を活用することによって、戦略的アプローチを作成できます。

・BOB(S)を忘れないでください!(Benchmark、Optimize、Build、およびSpecial Projects の頭文字を取ってこう呼ばれます)。

 

※本記事は弊社と業務提携している米国seoClarity社のブログを翻訳し記載しております。

Create the Best Keyword Portfolio With This Acronym

https://www.seoclarity.net/blog/how-to-create-the-perfect-keyword-portfolio

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

関連する記事