knowledge

シーズナリティ: 季節感のある商品・サービスでのSEO施策3つのポイント

シーズナリティ: 季節感のある商品・サービスでのSEO施策3つのポイント

クリスマス・年末年始・春休み…季節性のある商品・サービスを扱っている読者のみなさまは商戦のピークへ向け、準備を進めていらっしゃることと思います。

こうした商品に見られる需要や価格の季節変動は「シーズナリティ」と呼ばれます。今回は、シーズナリティのある商品について、実データに基づき状況をより深く分析・理解して施策立案を行うことの重要性についてご紹介します。

<今回のポイント>

・ポイント1:商戦のピークをデータに基づいて正確につかむ

・ポイント2:個々のキーワードの季節変動を把握する

・ポイント3:商戦前に、シーズナリティと競合分析を踏まえたコンテンツの拡     充を済ませておく

|ポイント1:商戦のピークをデータに基づいて正確につかむ

自社の商品・サービスの季節商戦で成果を上げていくには、ピークの時期をつかみ、ピークを逃さずに施策を展開することが重要になります。それでは、個々のサービスや商品について、ユーザーのネット利用動向をつかむには、どういったデータを使うことができるのでしょうか。

ユーザー動向を把握する方法として、自社サイトへの流入の季節ごとの変化や、キーワードの検索回数の推移を追っていくことが有用です。各商品・サービスに関するキーワードの検索回数データについて年間推移を見ていくことで、商戦時期を正確に把握し、より効果的な対策を講じることができます。

|ポイント2:個々のキーワードの季節変動を把握する

具体的な季節変動の例として、間近に迫ったクリスマス商戦に関するキーワードから、「クリスマスケーキ」、「クリスマスプレゼント」を、また通年を通してニーズのある商品として「ランニングシューズ」の季節性はどうなっているか、見てみます。

※注:seoClarityの検索回数調査機能を利用
photo credit(left): rebecca has been busy again via photopin (license)
photo credit(center): Gift Boxes via photopin (license)
photo credit(right): Puma Complete Concinnity 3 Wide via photopin (license)

たとえば、キーワード「クリスマスケーキ」は、1月~8月は非常に低く、9月から12月にかけてピークになっています。一方「クリスマスプレゼント」は、10月から11月と、クリスマスケーキより短い期間で検索回数のピークを迎えています。

一方で、「ランニングシューズ」は1月・5月・9月と1年に3回ピークがあり、5月が最も高い状況です。

このように同じ“クリスマス”がつくキーワードでも、ケーキとプレゼントでユーザーの検索動向は異なります。

また、ランニングシューズのように1年間に複数のピークがある場合、1月は新たな目標へ向けた準備、5月・9月は春・秋のランニングシーズンと個別にコンテンツの拡充・改善を行うことが重要になります。

|ポイント3:商戦前に、シーズナリティと競合分析を踏まえたコンテンツの拡充を済ませておく

商戦の時期を把握し、重要なキーワードの季節変動を確認した後は、個々のキーワードやコンテンツについて競合分析を行い、コンテンツ施策の向上を図ることが大切です。

たとえば、競合がプレゼントの選び方などのハウツーコンテンツに注力していた場合、自社でもそれに対応したキーワードやコンテンツの拡充ができないかを検討します。逆に自社が注力していて他社がさほど力を入れていない分野があれば、さらに充実させ差別化を図ることもできるでしょう。競合分析を踏まえ、コンテンツの拡充を商戦前にしっかりと準備しておくことが重要です。

今回ご紹介した3つのポイントが、よりよいコンテンツ施策立案の際にお役に立てば幸いです。

|シーズナリティを踏まえたキーワードプランニングに活用できる「エンタープライズSEOプラットフォーム」

こうした分析をより効率よく行うため、弊社が扱っているエンタープライズSEOプラットフォーム「seoClarity」では、キーワードプランニングをはじめ、シーズナリティを踏まえたコンテンツマーケティングを支える機能を提供しています。

たとえばキーワードを入力して検索回数の季節変動や重要な掛け合わせキーワード候補をパッと表示したり、ピックアップしたキーワードの競合分析を行い他社との差別化を図ったり、アナリティクスデータから自社サイトに対する流入の季節変動を把握し、正確な商戦ピークをもとにした施策立案を行うことが可能です。

 

【シーズナリティの分析に活用できるseoClarityの主な機能】

このように、エンタープライズSEOプラットフォーム「seoClarity」を活用することで、実データに基づく突っ込んだ分析をワンストップで行うことができ、より効果的なコンテンツの立案にお役立ていただけます。弊社ではseoClarityを活用したSEO施策の強化・サイト改善を積極的にご支援しています。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事のライター

K.S

K.S

グローバルビジネスディベロップメントオフィス

2014年クロスフィニティ入社
十数年に渡りIT・Webに関わるBtoB
ビジネスのマーケティング・コミュニケーションに従事。
現在はseoClarityの製品担当として、製品のローカライズや導入サポートを推進。
日本のお客様のエンタープライズプラットフォームの導入・活用を支えている。

おすすめの記事

関連する記事