knowledge

離脱者をCVにつなげる ~その2~

離脱者をCVにつなげる ~その2~

photo credit:http://photopin.com/

前回のコラムでは、離脱するユーザーに対してあるアクションを起こして、最終的にCVさせる「Ve(ヴィー)」という商材をご紹介しました。

今回はこの「Ve」の具体的な説明をさせて頂きます。

Veの仕組み。【メガネスーパー様の事例】

ユーザーがサイトを下記のようなページから離脱しようとする。
(Bookmarkで他のサイトへ移動、ブラウザを閉じる、他のサイトのhtmlを直接打ち込む、など)


ポップアップが表示されます。

このようなポップアップです。


このポップアップ内のオレンジボタン(お買い物を続ける)をクリックした場合、ポップアップが消えて元のページが表示される。


オレンジボタンをクリックしたユーザーがCVした際に成果報酬が発生する。

という仕組みです。

離脱ユーザーの1%がCVする。

これまでの事例で、離脱ユーザーの約1%がCVにつながる事が分かっています。

仮に10,000ユーザーが離脱しているページで実施した場合は10,000×1%=100CVが増加する可能性があるということです。

どのページでVeを実施するか?

また、どのページの離脱者を対象に「Ve」を実施するかが重要ですなのですが、これまでの実績値からしますと、「フォーム」で実施するのが一番効果が良いようです。

「LP(ランディングページ)」と「フォーム」で実施した際に、ポップアップをクリックしてCVしたユーザーの9割が「フォーム」経由だったのです。

当然「LP」の方がPVが多いのですが、モチベーションが高いのは「フォーム」まで到達しているユーザーなので、最終的にCVまで到達するユーザーは「フォーム」の方が多かったことになります。

クリエイティブ作成・タグ設置のリソース軽減。

また、ポップアップで表示するクリエイティブは基本的にVe側で作成いたしますので、お客様のリソースを奪うことはありません。

タグも実施するページとCVページに設置するだけですので簡単に設置する事ができます。導入までは約3週間くらいです。

本来であれば離脱してCVしないユーザーをCVさせられる可能性があるVeを使用することでトータルのCVが増えていく可能性があります。ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

最後に、「Ve」の3つの特徴をまとめさせていただきます。

(1)サイト離脱に特化したコンバージョン改善
商品購入、サービス申込み、会員登録までの離脱を防ぎます。

(2)導入はとてもカンタン!
該当ページへタグを挿入するだけ。クリエイティブ制作もVeで行います。

(3)利用料金は完全成果報酬型モデル
初期導入費用、運用やクリエイティブ制作の費用等、費用は一切不要です。

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

関連する記事