knowledge

モバイルSEOの最適化:モバイル検索の可視性向上に役立つ6つの要素

モバイルSEOの最適化:モバイル検索の可視性向上に役立つ6つの要素

あなたはSEO戦略で「モバイルファースト」を考えていますか?

Googleのモバイルファーストインデックスを通じて安定性を確保するための措置を講じること以外に、検索ユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するために、SEO戦略のあらゆる方法を検討する必要があります。

検索ユーザーはモバイル上にいると考えてください。モバイルSEOツール を活用し、  モバイルフレンドリーの状態を把握することは簡単に思えますが、あなたのアプローチが正しいか疑う必要があります。

もちろん、このピックアップはユーザーのリードに従っています。

現在  半数以上のユーザーがPCではなく自分のスマートフォンを使って 製品やサービスを発見、評価、購入しています。その数は驚くほど速く増加しています。

この記事では、モバイル検索の可視性を向上させるために最も重要なSEO要因について説明します。

しかし、最初にモバイル最適化について明確にしましょう。

モバイルSEOとPCのSEO

原則として、モバイルSEOはPCとそれほど違いはありません。

コンテンツ、技術的な最適化、およびリンクによって、モバイルSERPsのページのランク付け方法が決まります。

しかし、両デバイスの評価が違っている場合は、ユーザーエクスペリエンスが要因の1つと考えられます。

主に画面とテクノロジーの制限により、モバイルで情報を表示するにはさまざまな規格が適用されます。

それは、あなたが順守しているいくつかの規格です。

 

テキストリンクまたはボタンのサイズはその良い例です。

PCサイト上の他のテキストやグラフィックの近くにこれらの要素を配置します。

ユーザーは、カーソルを合わせてクリックするのが難しくありません。

ただし、モバイルでは、はるかに小さいスペースを扱うことになります。

(ユーザーがより深く検討する必要があることは言うまでもありません)

 

その結果、適切なコンテンツへの移動に問題が生じる可能性があります。

あなたのモバイルページが見られなくなった場合、Googleはモバイルユーザー体験から低評価と判定するかもしれません。

 

別の例 – タイトルタグの長さ

いくつかのケースでは、Googleはモバイル検索結果のタイトル文字数を増やすことを許可するようです。

他には、スニペットなどPCの検索結果に表示されていても、モバイルではカットされてしまう場合があります。

(アイルランドのクライアントの検索結果イメージで、PCとモバイルのSERPs表示を比較しています)

 

最適化されていないタイトルは、クリック率が低くなるばかりか、無駄にトラフィックが上がり、直帰率が高くなってしまう可能性があります。

また、検索エンジンにとっては使い勝手の悪いサイトと判定されてしまいます。

最後に、ユーザーは検索ボックスにキーワードを入力するよりも多くの方法でモバイルから検索します。

Google Voice Search、Siri、および他の多くのアプリケーションでは、モバイルを手元に持っていなくても情報を見つけることができます。

画像検索

 

したがって、あなたのSEO戦略は、あなたが公開するあらゆるコンテンツがモバイルユーザーにも確実に見られることを考えないといけません。

モバイルSEOに不可欠な6つの要因

ほとんどの場合、上記で述べた検索ユーザーは今やスマートフォンの可能性とネットワーク速度の向上を考えると、デバイスに対して同じ意図を持っています。

ただし、特定の要因がモバイルユーザーエクスペリエンス、ランキング、および検索の表示設定に影響を与える可能性があります。

ここが最も重要です。

1.内容の読みやすさ

ユーザーがそのページの内容を確認するためにページを拡大したり縮小しなければいけないとしたら、彼らはそのページを長く読まないでしょう。

次の例を見てください。

私は自分のiPhoneでこのスクリーンショットを撮りました。

この記事は拡大しないと内容を読むことができません。

ナビゲーションにアクセスすることもできません。

そして言うまでもありませんが、私がこのままこの記事を読み続けることはありません。

モバイルページは、スマートフォンや他のモバイル端末でうまく表示させ、ユーザーがストレスなくそのコンテンツを利用できるようにする必要があります。

たとえば、十分に大きいフォントサイズを使用します。

一部の専門家は、14ポイントのフォントサイズがモバイルに最適だと言っています。

またモバイルコンテンツの表示テストでユーザーが読みやすいサイズを判断することも効果的です。

Google Search ConsoleのレポートとGoogle Mobile Friendly Testerで表示・確認ができます。

 

もう1つの対策は、2〜3行以内の短い段落でコンテンツを書くことが理想的です。

その理由の1つは、短い段落 やコンテンツを分割することで、モバイルで読むことが大変とは感じず、ユーザーが憶えやすいため好まれる手法の1つです。

最後に、テキストとページ背景のコントラストを強くします。

多くの人が外でスマートフォンを使うかと思います。

コントラストが低いと昼間にページを読む際、読みにくくなってしまいます。

2.ページスピード

ユーザーがモバイルページにアクセスする際、一定期間待たされる問題はかなり前からありました。

当然ですが、Googleはすでにページ速度をランキング要因として使用しています。

加えて、モバイルページが遅すぎるとランキングを下げる可能性があるという点で、モバイルファーストインデックスではさらにページスピードが大切になっています。

Googleは、低速ネットワークをシミュレートするために3Gであなたのサイトをロードする、モバイルページスピードテストツールを提供しています。

当然、このツールはモバイルページの速度のみ分析します。

ただし、PCユーザーへの遅延もあなたのページに影響を与えるでしょう。

そのため、ページ速度を調べるときはサイトの掲載結果の全体像を把握することをお勧めします。

seoClarityは、ページ速度と、問題が発生した箇所に関する分析レポートを提供します。

これを使用すると、PCユーザーとモバイルユーザーの両方にとって使い勝手を妨げる可能性がある問題を排除でき、全体的な検索の可視性が向上します。

3.すべてのCSSまたはJavascriptにアクセス

Googleがページをインデックスする際、Googlebotがクロールしますが、ファイルにアクセスするのをブロックする仕様があります。

Googleがページを完全に表示できるように、ブロックを解除することが必要です。

CSSやJavaScriptの中には、モバイルに適用できるかどうかを判断するために、ページを完全にレンダリングするコードが含まれている場合があるため、アクセスがないと、このブロックはモバイルクローラに特に影響が出てしまう可能性があります。

ページ担当者は、ユーザーエージェントをスマートフォンに設定して、Google Search Console内のフェッチツールとレンダリングツールを利用できます。

これは、Googleがページをレンダリングすることができないか「モバイルフレンドリー」であるかを確認します。

Clarity Auditクロールを実行してJavaScriptを実行し、モバイルデバイスと同じ方法でファイルを受信することもできます。

また、モバイルクローラがサイトのページに完全にアクセスできるようにするために、サイトを個別に「モバイル」クロールすることをお勧めします。

Clarity監査の範囲内で、このクロールを設定するためにユーザーエージェントをGoogleのスマートフォンユーザーエージェントに更新することができます。

4.隠されたコンテンツ

伝統的に、モバイルサイトはPCサイトより少ない内容と少ない機能が特徴です。

企業はモバイルサイトで最速かつ最も合理化されたUXを提供したいので、必要な情報以外のものを削除する傾向があるからです。

サイト担当者はこれにさまざまなアプローチを取りました。

モバイルコンテンツをカットする人もいます。他のサイト担当者はJavaScriptの背後に隠し、それを見るためにユーザーに行動を起こすよう要求しました。

モバイルコンテンツへのアプローチについては多くの議論がありましたがGoogleはもっと読むボタンを使ってコンテンツを隠してもいいと提案しました。

この戦略はユーザーエクスペリエンスをサポートし、拡張可能なコンテンツはより小さなモバイルで見せることが最も理にかなっているのでPCにはお勧めできません。

ただし、Googleにその仕様を認識させるために使用するすべてのコンテンツがモバイルページに含まれるように管理することが重要です。

モバイルユーザーがPCを使用しているのと同じ情報を取得できるように、モバイルエクスペリエンス用にコンテンツを再設計します。

これは情報の並べ替え等をしないようにして、重要な部分を切り取って再設計するようにしてください。

5.PCとモバイルの動作比較

モバイルファーストの時代に、PCとモバイルで考慮しなければならない多くの違いがあります。

主に検索動作の違いです。

これは、SERPsの構築方法や表示されるコンテンツの種類に影響を与えるマイクロモーメントを通じて、各ユーザーの意図をGoogleが解釈するためです。

 

ユーザーがレストランを探したいと検索エンジンが判断した場合、ローカルの3パックが表示されます。

ユーザーが知りたいと感じアクションを起こすと、Googleクイックアンサーが表示されます。

Googleはまた、考えられる意図に応じてSERPs上の画像の数と配置を変えます。

 

モバイルとデスクトップのもう1つの違いとして、GoogleはモバイルとPCのメタディスクリプションについても、ユーザーエクスペリエンスに最適なように長さを変えています。

モバイルではメタディスクリプションの長さが短くなりました。

モバイル検索用に最適化するときは、最大120文字まで使用できます。

ただし、最新のアップデート以降は、デスクトップの説明は最大約158文字になる可能性があります。

メタディスクリプションを戦略に取り入れる方法がいくつかあります。

まず、seoClarityで、Analyticsレポートを使用して、スマートフォンからのトラフィック量を確認します。

次に、最もアクセスの多いページでそのトラフィックをフィルタリングします。

スマートフォンからのトラフィックがあるページを探します。

あなたはそれを「% of Total Traffic」欄で見ることができます。

最後に、これらのページのモバイル向けに最適化された新しいディスクリプションを作成し、メインキーワードの上位5ページのランキングと比較するには、seoClarity社のAI搭載コンテンツエディタであるContent Fusionがおすすめです。

ディスクリプションを書くとき、最初に最も惹きつける情報を入れることを忘れないでください。

たとえGoogleがモバイルSERPsのコピーの一部を切り出したとしても、惹きつける情報が入っていればユーザーはあなたのサイトをクリックするでしょう。

seoClarityは、モバイルのSERPsスニペットレポートを利用して、Googleのモバイル検索結果ページに表示されるタイトルタグとディスクリプションタグを確認することができます。

コンテンツ戦略を再検討して、PC・モバイル両方のタイプのユーザーに対してコンテンツの最適化を考慮するようにしてください。

6.ローカル情報

最後に、あなたのビジネスがローカル顧客をターゲットにしているなら、あなたのページとメタデータにローカル関連の情報を含めるべきです。

特に、モバイルページが次の機能を備えているか確認してください。

  • 標準化された名前
  • 会社の住所を正しい内容にする
  • 勤務先の電話番号を記載する

モバイルユーザーが電話をかけたり、ビジネスへの道順を取得できるように、適切なHTMLタグを必ず追加してください。

クリックした時に通話ができない場合は究極のミスと言っても過言ではありません。

結局のところ、ローカルインテントを含んだモバイル検索の高まりとともに、適切なローカル情報の最適化をすることはこれまで以上に重要です。

画像ソース

結論

今日、ますます多くの人々が、新しい製品またはサービスを探したり評価したりするときにモバイルからの検索を第一の選択肢にしています。

その結果、検索の可視性を向上させることは、レスポンシブデザインおよびPCサイトよりもモバイルSERPsに関係しています。

上記の6つの重要なSEO要因は、モバイル検索での成功に影響を与えます。

 

※本記事は弊社と業務提携している米国seoClarity社のブログを翻訳し記載しております。

Mobile SEO Optimization: 6 Factors That Help Improve Mobile Search Visibility

https://www.seoclarity.net/blog/mobile-seo-optimization-6-factors-that-help-improve-mobile-rankings-and-visibility

 

 

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事