knowledge

Googleタグマネージャー(GTM)でGoogleアナリティクスを設定する方法

Googleタグマネージャー(GTM)でGoogleアナリティクスを設定する方法

GoogleアナリティクスのトラッキングコードをGTMへ切り替えて設定する際の設定方法です。

1.GTM(Googleタグマネージャ)のアカウント作成

1-1.アカウント作成ボタンをクリック

GTMでGA設定01

 

1-2.アカウント名と国を指定

同じアカウント内で複数のサイトの設定ができます。

複数サイトを運用している場合は、アカウント名は会社名などにし、以下で設定するコンテナでサイトをわけることをおすすめします。

サイトに追加するGTMタグはコンテナごとに発行されます。

GTMでGA設定02

1-3.コンテナの設定

  • コンテナ名:サイトのURLなどを入れます
  • コンテナの使用場所:ウェブを選択

GTMでGA設定03

 

1-4.利用規約の確認

作成ボタンをクリックすると、利用規約が表示されます。

日本語表示はありません(2018年11月時点)
内容を確認し「はい」をクリックします。

GTMでGA設定04

 

1-5.Googleタグマネージャのコードをサイトに追加する

上部の欄に記載されているコードをコピーし、サイトのheadタグ内に追加してください。

下部の欄に記載されているコードはbodyタグの直後に追加してください。

GTMでGA設定05

「OK」を押すと以下のようなタグマネージャーの基本の画面が表示されます。

ここまででGTMのアカウント作成は終わりです。

GTMでGA設定06

続いて、左側のメニューから「タグ」を選択し、Googleアナリティクスを設定していきます。

 

 

2.Googleアナリティクスを設定する

続いて、GTMからGoogleアナリティクスの設定を行います。

設定は主にタグとトリガーをセットで指定します。

Googleアナリティクスの設定をする際には、以下を設定します。

タグ・・・Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)

トリガー・・・ページビュー

 

2-1.タグを設定

2-1-1.タグを「新規」で作成

GTMでGA設定07

2-1-2.タグ名を決める

わかりやすい名前をつけます。
Googleアナリティクスの設定であれば、「Googleアナリティクス」や「設定するGoogleアナリティクスのプロパティID」などにするとよいでしょう。

名前をつけたら、上部の「タグ」欄をクリックし、タグの設定をしていきます。

GTMでGA設定08

2-1-3.Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクスを選択

GTMでGA設定09

2-1-4.GoogleアナリティクスのトラッキングIDを指定

以下のように設定していきます。

GTMでGA設定11

 

2-1-5.クロスドメインの場合は以下も設定

設定するフィールド

フィールド名
cookieDomain auto
allowLinker true

クロスドメイン トラッキング

設定したい複数のドメインを「,」(カンマ)で区切って入力します。

GTMでGA設定12

タグの設定は以上です。

続いて下段のトリガーを設定します。

2-2.トリガーを設定

トリガーというのは、上記で設定したタグをどんな条件の時に実行させるのかというタイミングを設定する場所です。

2-2-1.トリガーに「All Pages」を設定

トリガー欄をクリックし、選択肢から「All Pages」を選択し、下記のように設定されればOKです。

GTMでGA設定13

 

以上でGoogleタグマネージャ画面でのGoogleアナリティクスの設定は完了です。

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事