knowledge

サイトコンテンツの分析と改善方法(ヒント:競合サイトの参考は必須)

サイトコンテンツの分析と改善方法(ヒント:競合サイトの参考は必須)

競合サイトのコンテンツが気になりませんか?競合より良いコンテンツを作る自信がありますか?

冒頭の問いに気になる方も多いと思います。
競合サイトのキーワード分析に基づき、自社サイトのコンテンツを改善する戦略を不誠実だと思う必要は全くありません。

競合サイトのキーワード分析について、詳しく話しましょう。
実際に、自然流入を強化するためにコンテンツを増やしたり、メタタグを書き換え訪問導線の最適化をしたり、外部リンクを構築することに比べ競合サイトのコンテンツを参考にする事は最も効率的なやり方と考えています。

残念ですが、競合サイトのコンテンツを分析する概念は広すぎて一つの記事では紹介し切れません。
したがって今回はキーワード分析に関して解説していきます。

コンテンツギャップ分析とは

競合サイトのキーワード分析において、コンテンツギャップ分析は、特定のキーワードに対して自社サイトと競合サイトの自然検索順位差を調べることを指します。

(特定のコンテンツの改善によりページ評価をアップする施策もあり、本文にはキーワード調査を焦点にあてます。)

SEO全体的な戦略として、競合サイトのキーワード分析をすることにより、自社サイトキーワードリストの量及び品質が改善され、新しい流入も得られると考えられます。

これから、コンテンツギャップ分析のメリットについて話していきましょう。

SEOの観点から、コンテンツギャップ分析のメリットとは

キーワード毎に順位、流入及びコンテンツ分析を行うべきです。

そうしないと、自社サイトにとっては大きな損になります。

残念ですが、多くのサイトはコンテンギャップの改善に苦戦しています。

競合サイトとの差が問題の元だという認識さえ乏しい状況です。

 

また、競合サイトのコンテンツとのギャップ分析はサイト改善に役に立つと思わない方も大勢います。

コンテンツギャップをどうやって改善するかを話す前に、その必要性を見ていきましょう。

図1は、二つのドメインのキーワードを表しており、Carmaxサイトは50万以上のキーワード順位が競合サイトより下位です。

 

図1

さらに、コンテンツギャップにより、1.1億以上の潜在的流入を獲得できない状況です。

また、Carⅿaxサイトは競合サイトを分析していないため、多くの流入を見逃していることも致命的です。

では、競合サイトのキーワード分析の重要性を次に述べます。

 

  • 競合サイトのキーワードを把握することによって、訪問者の回遊を改善するための施策をより有効的に行えます。競合は今まで考えていないキーワード及びトピックスがとれているかもしれません。したがって競合の製品及びサービスを分析することはとても重要です。より早く、今まで考えていないコンテンツを発見するヒントも与えてくれます。
  • 競合キーワード分析に基づき改善を実施することで、自社サイトのバックリンクも強化されます。
  • 競合分析は新しいトピック及びキーワードを見つける手段の一つです。
  • 最後に、競合分析により、競合サイトの流入状況を明らかにし、競合よりもっと良いコンテンツを作る糧になります。

コンテンツギャップはどうやってキーワード分析に役立つのか

何度もキーワード分析の重要性を強調したのですが、これからもっと詳しく話しましょう。

新しい検索キーワードを見つけること以外に、訪問者の回遊ルートにおいて、自社ブランドのアピールポイントを発見することもキーワード分析の目標です。

殆どの訪問者は自然検索から情報収集を始めます。

実際に、大勢の検索者は購入まで自然検索結果から得られた情報を頼っています。

だから、すべてのブランドにとって、訪問者回遊パターンに基づきコンテンツを最適化することが肝心です。

 

しかし、問題は訪問者が検索した時に用いられるフレーズ、トピックスが無視されていることがよくあります。

競合もそういったミスをよくするので、競合のキーワード分析により、自社サイトになかった検索クエリを発見することが可能です。

 

競合サイトのフレーズを分析することはコンテンツギャップを改善し、自社サイトのターゲットキーワードを増やすために最も効率的な手法です。

しかも、キーワード分析のやり方は簡単です。分析プロセスに関して、次に述べます。

 

どうやってコンテンツギャップを見つけるのか

企業向けのプラットフォームSeoClarityで、コンテンツギャップを見つけるプロセスを説明します。

ツールのプラットフォームに、コンテンツギャップのナビゲーションボタンがサーチグリッドの下に設置されています。

SeoClarityのプラットフォームはこちらをクリックしてください。

 

次に、自社ドメイン及び比較先のドメイン(自社ドメインを含め、5ドメインまで比較できます)を入力します。

(更に、ターゲットデータのマッチ度を高くするために、デバイス別もしくは地域別で条件指定することが可能です。)

 

seoClarity独自の分析メソッドには、キーワードに対し、指定したドメインのランキング情報、競合と自社両方取れているキーワード及びその組み合わせのランキングを比較することができます。

自社ドメインを入れることにより、競合サイトで上位表示できているキーワードの中に、自社サイトが取れていないキーワードの全体像を把握することができます。

例えば、Carmax.comとCars.comの計測結果を分析してみましょう。

二つのドメインは共に70万以上のキーワードを取らない事によって、1億以上の流入を失ったことが明らかになりました。

 

キーワードの価値を売上高に換算すれば、コンテンツギャップによって信じられないぐらいの売り上げ損失が生じています。

(もちろん、それは検索意図、キーワードタイプなどの要素を考量しない基本的な換算です。それでも、上位表示されないことにより多くのビジネスチャンスを逃していると考えられます。)

比較レポートの下部から、ドメイン別のキーワードランキングを注目しましょう。

改善すべきキーワードを絞り出すために更に正確なデータがリストアップされます。

 

 

実際に、競合サイトに上位表示されているキーワードは自社サイトにとってビジネスチャンスの流失、売上減、利益損につながっているとも言えます。

それでも、検索順位の優劣についてランクが付いている会社に重要性があると認識していない人はたくさんいます。

 

だから、コンテンツギャップを改善する最的な方法は、キーワードの価値を明確にすることです。

 

下の図は、二つのドメインが取れているキーワード合計数を表しています。

そんなに大きな差がないことが明らかになりました。20万以上のキーワードギャップが生じていますが、Carmax.comにとっては、自然検索からの流入を強化する大きなチャンスだと言えます。

そして、下の図では、ドメイン別にキーワードランキングを精査し、改善すべきキーワードが一目瞭然です。

特に、seoClarityレポートにはキーワード順位、得られた流入の両方が表示されるので、改善策の優先順位もすぐ分かってきます。

指名キーワード、順位及び他の条件というフィルターをかけると、改善対象キーワードの施策プロセスを組み立てることに役立ちます。

コンテンツギャップ分析の流れ:改善施策の優先順位をまず割り振る

ここまでの話しで、コンテンツギャップの洗い出しが難しくないことがわかったと思います。

しかし、具体的にどこから改善すればいいかを考えたら、莫大なキーワードから施策対象を特定することは非常に困難です。

単純にキーワードリストのトップから特定することは禁物です。

キーワードの検索数で絞るのではなく、施策優先順位をどうやって決めるか、複数の観点があると思います。施策の結果に関して詳しくはこちらをご参照ください。

戦略1:既存コンテンツとの関連性が高いキーワードからアプローチ

分析段階で洗い出した対象キーワードを一気に施策しようとするときに、それぞれのキーワードで高品質のコンテンツを作ることは難しいことです。

だから、まずは一部のフレーズをピックアップして優先的に施策をすることが現実的です。

既存ページの改修施策は最も効率的且つ実践的だと考えられます。

 

したがって、目標キーワードに関連するコンテンツとページの改善から着手することがベストです。

 

次に、他の既存コンテンツを利用し、効率的に目標キーワードの順位を最適化していきます。

例えば、eBooksまたはコピー用紙を商材とする企業はコンテンツギャプを最適化する場合には、特定のキーワードに関するスライド式のプレゼンテーションを作成することが有効だと思います。

または、適切なランディングページを作成しても役立ちます。

いずれにせよ、コンテンツ最適化の方法は色々あります。

ブログ記事のようなコンテンツも、コンテンツギャップの改善に有効だと考えられます。

 

戦略2:改善の優先順位は売上への影響度で決める

改善キーワードを選定したら、成果を高めるために、売上と連動しやすいキーワードから対策しましょう。

それらのキーワードを最初に着手することにより、改善結果は早く出るはずなので、組織にアピールしやすいでしょう。

最初に、既存の製品の紹介ページ、販売ページなどから、購買意欲の関わるキーワード及びフレーズを選定し、コンテンツを改修しましょう。

そして、適切なランディングを作りましょう。作るのに時間がかかるかもしれませんが、その分成果が非常に高いのです。

 

戦略3:手早く儲けるキーワードを狙おう

早く効果が出るキーワードを狙う場合は、高品質コンテンツですでに上位表示されているキーワードと組み合わせて施策を行いましょう。

または、専門性の高いコンテンツに関連するフレーズを絞り、高品質コンテンツを増やしていくこともお勧めです。

少ない工数で手早く順位上昇、コンテンツギャップ改善が得られるフレーズからスタートすることが重要です。

 

ポイントまとめ

自然検索からの流入を増やすために、色んな手法がありますが、自社サイトより競合サイトで上位表示しているキーワードから分析する手法が最も効率的です。

その分析に基づいた新規コンテンツが順位改善及びコンバージョン改善に役立つと考えられます。

 

※本記事は弊社と業務提携している米国seoClarity社のブログを翻訳し記載しております。

How to Identify and Close Your Content Gaps (Hint: You Must Rely on Your Competition)

https://www.seoclarity.net/blog/keyword-research

 

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

関連する記事