knowledge

Googleアナリティクスのマルチチャネル分析とは?

Googleアナリティクスのマルチチャネル分析とは?
Googleアナリティクスの左側のレポートのメニューのコンバージョン項目の中に、マルチチャネルという項目があります。
コンバージョンに至るまでにユーザーがどこからサイトに訪問してきたのか、直接・間接的に効果があったチャネルは何かを確認するレポートになります。
こちらのレポートは、コンバージョンしたユーザーのデータに関するレポートなので、コンバージョンしてないユーザー(訪問)のデータは含みません。

通常のレポートでのコンバージョンの考え方

例えば、同じ人が自社サイトに複数回、別々の日にアクセスした場合で説明します。
  1.  7月10日に「オーガニック検索(Googleで検索等)」でサイトを閲覧→何もせずに離脱
  2.  7月20日に「参照元サイト(外部リンク、関連サイト等)」からサイトを閲覧→何もせずに離脱
  3.  8月1日に 「ノーリファラー(ブックマーク、アドレスバーで直接URL入力等)」からサイトを閲覧→コンバージョンした(資料請求をした)
このような経路で複数の日でサイトにアクセスした場合、通常のレポートで見るコンバージョンは最後のコンバージョンに至ったチャネル(流入経路)での数値しか見ることができません。
上記の例だと、8月1日の3回目のノーリファラーでの流入でコンバージョンがあったから、ノーリファラーでコンバージョンが発生したというカウント
ただこの考え方は、コンバージョンに至るまでに複数回アクセスしている場合、このサイトを知ったきっかけになったチャネル、検討して何回か訪問してきたチャネルでのコンバージョンへの影響、効果を無視している状態になってしまいます。

マルチチャネル分析はコンバージョンに至るまでの流入経路をすべて評価する考え方

このマルチチャネル、アトリビューション分析レポートは、最後のコンバージョンに至った訪問経路だけではなく、その前の検討している段階で訪問もコンバージョンに貢献(=アシスト)しているという考え方で、過去の訪問も含めて評価しましょう、という分析レポートになります。
GAのマルチチャネル分析
この3回の訪問を通して、直接コンバージョンに至った訪問経路、コンバージョンには至っていないが至るまでの貢献した流入経路を区別するため、
コンバージョンに至った最後の訪問に関してはラストコンバージョン直接効果直接コンバージョンという呼び方をします。
後日コンバージョンに至るまで、直接的ではないが、貢献した流入経路をアシストコンバージョン間接効果間接コンバージョンという呼び方をします。
コンバージョンした流入経路とは別に、アシスト的な役割としてコンバージョンに貢献したものを数値として見ることができるレポートがマルチチャネル内の「アシストコンバージョン」レポートになります。

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事