knowledge

Googleアナリティクスのマルチチャネル分析とは?

Googleアナリティクスのマルチチャネル分析とは?

Googleアナリティクスの左側のレポートのメニューのコンバージョン項目の中に、マルチチャネルという項目があります。
コンバージョンに至るまでにユーザーがどこからサイトに訪問してきたのか、直接・間接的に効果があったチャネルは何かを確認するレポートになります。
こちらのレポートは、コンバージョンしたユーザーのデータに関するレポートなので、コンバージョンしてないユーザー(訪問)のデータは含みません。

通常のレポートでのコンバージョンの考え方

例えば、同じ人が自社サイトに複数回、別々の日にアクセスした場合で説明します。

  1.  7月10日に「オーガニック検索(Googleで検索等)」でサイトを閲覧→何もせずに離脱
  2.  7月20日に「参照元サイト(外部リンク、関連サイト等)」からサイトを閲覧→何もせずに離脱
  3.  8月1日に 「ノーリファラー(ブックマーク、アドレスバーで直接URL入力等)」からサイトを閲覧→コンバージョンした(資料請求をした)

このような経路で複数の日でサイトにアクセスした場合、通常のレポートで見るコンバージョンは最後のコンバージョンに至ったチャネル(流入経路)での数値しか見ることができません。


上記の例だと、8月1日の3回目のノーリファラーでの流入でコンバージョンがあったから、ノーリファラーでコンバージョンが発生したというカウントです。

ただこの考え方は、コンバージョンに至るまでに複数回アクセスしている場合、このサイトを知ったきっかけになったチャネル、検討して何回か訪問してきたチャネルでのコンバージョンへの影響、効果を無視している状態になってしまいます。

マルチチャネル分析はコンバージョンに至るまでの流入経路をすべて評価する考え方

このマルチチャネル、アトリビューション分析レポートは、最後のコンバージョンに至った訪問経路だけではなく、その前の検討している段階で訪問もコンバージョンに貢献(=アシスト)しているという考え方で、過去の訪問も含めて評価しましょう、という分析レポートになります。

顧客の接触履歴すべてにおける貢献を評価した考え方になります。

GAのマルチチャネル分析

この3回の訪問を通して、通常のコンバージョンと、アシスト(コンバージョン貢献)した流入経路を区別するため、コンバージョンに至った最後の訪問に関してはラストコンバージョン直接効果直接コンバージョンという呼び方をします。

後日コンバージョンに至るまで、直接的ではないが、貢献した流入経路をアシストコンバージョン間接効果間接コンバージョンという呼び方をします。

コンバージョンした流入経路とは別に、アシスト的な役割としてコンバージョンに貢献したものを数値として見ることができるレポートがマルチチャネル内の「アシストコンバージョン」レポートになります。

CV、アシストの数え方

カウントの仕方は、CVした時の訪問のチャネルに対して「CV1」となります。区別するため「ラストCV」と呼びます。
そして、過去の訪問(CVには至っていない訪問)はそれぞれその時にはCVしなかったけど後日のCVのアシストをしたという意味で「アシスト1」とカウントします。
GAのマルチチャネル分析
上記の例では、

  • ノーリファラーでCVした
  • オーガニック検索、参照元サイトはそれぞれアシスト1→直接CVしてないものの、貢献はしている

という考え方ができます。
CV数がないからと言って効果がない→施策やめよう、ではなく、貢献をしていることがわかれば、それは意味のある施策ですので、マルチチャネルレポートも参考にしながら、ユーザーがサイトへ訪問するための経路を増やしておくことが重要です。

アシストコンバージョンレポート

アシストコンバージョンレポート
CV38のうち、過去に14はサイトに来た時にCVせずに離脱している。
24(38-14)は、初めてもしくは期間を開けて訪問した時にCVしている。

■アシストコンバージョン > 直接コンバージョン

直接CVはした訪問は少ないが、サイトを知るきっかけ、検討段階での訪問が多い。サイト名などを知らないユーザーなど。

■直接コンバージョン > アシストコンバージョン

サイトを知るきっかけよりもCVする訪問になりやすい。
明確にこのサイトを目的として来ているユーザーなど。

詳細データと上部の合計値が一致しない時

チャネルごとの訪問でカウントをしているため、詳細データではすべて表示されている。
しかし、同一人物と思われる人が同じチャネルで複数回訪問した場合、同じチャネルでのアシストコンバージョンは合計時には1にまとめられるため、詳細よりも合計値が小さくなる場合がある。

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

関連する記事