knowledge

GoogleアナリティクスでYouTubeの再生数を知りたい-Googleタグマネージャで動画測定をする方法

GoogleアナリティクスでYouTubeの再生数を知りたい-Googleタグマネージャで動画測定をする方法

Googleタグマネージャーを使用している場合、ウェブサイト内にあるYouTube動画の再生数を測定することができます。

動画測定はGoogleタグマネージャーで設定することで、Googleアナリティクス上で数字を確認できます。

このような設定は、以下の順番で設定するのがわかりやすいです。

  1. 動画測定に使用する変数を選ぶ
  2. トリガーを作る
  3. タグを作る

1.変数の準備

1-1.変数を選ぶ

YouTube測定

左メニューから「変数」を選択し、上段の「設定」ボタンをクリックします。

YouTube測定

出てきたリストの下の方にある「Video URL」「Video Title」等にチェックを入れます。

※Googleアナリティクス上のレポートで見る時に使用したい項目(動画名、動画URL)にあたる部分です。

変数の準備はここまでです。

2.トリガー

2-1.トリガーを作る

YouTube測定

左メニューから「トリガー」を選択し、「新規」ボタンをクリックします。

YouTube測定

トリガーエリア内をクリックし、表示されたリストから「YouTube動画」を選択します。

2-2.トリガー設定

YouTube測定

数値を測定したい行動にチェックを入れる

  • 開始:動画の開始数を測定する場合
  • 完了:動画の再生完了数を測定する場合
  • 一時停止、シーク再生、バッファリング:動画の一時停止などを測定する場合
  • 進捗状況:特定のポイント(50%地点、◯秒、等)に達した数値

上記のタイミングでの数値を測定できます。

複数の動画を埋め込んでいる場合は、すべてか特定の動画なのかを指定します。

2-3.YouTube測定のためのトリガー完成

YouTube測定

トリガーに「YOUTUBE再生」ができました。

3.タグ

3-1.タグを作る

YouTube測定

左メニューから「タグ」を選択し、「新規」ボタンをクリックします。

YouTube測定

スクロール測定

わかりやすい名前をつけ、以下のように設定していきます。

ここで設定した内容はGoogleアナリティクスのイベントレポートで確認ができます。
その際に表示される名前の設定になります。

トラッキングタイプ:イベント

  • カテゴリ:Googleアナリティクス上のイベントレポート内のイベントカテゴリに表示される名前
  • アクション:Googleアナリティクス上のイベントレポート内のイベントアクションに表示される名前
  • ラベル:Googleアナリティクス上のイベントレポート内のイベントラベルに表示される名前

非インタラクションヒットとは

簡単に言うと、直帰率に影響を与えるかどうか、です。
このページのみにアクセスをして離脱したユーザーは、動画を観ていたとしても直帰したユーザーとなります。
ただ、動画を観たり何かしら操作をした場合はページを読み込んでいるとみなして直帰ユーザーとしたくない場合は「偽」を選択します。
今までどおりのこのページに到達して直帰したユーザーを直帰ユーザーとする場合は「真」を選択します。

真か偽かで直帰率が代わりますので、要注意です。(わからない場合は「真」にしておくとよいと思います)

3-2.トリガーを指定する

YouTube測定

上段のタグ部分が設定できたら、下段のトリガー範囲をクリックし、さきほど作成したトリガー「YOUTUBE再生」を選択します。

トリガーの選択をしたら右上の保存ボタンを押して保存をしてください。

4.設定完了

YouTube測定

設定はここまでになりますが、設定しただけでは測定できません。

プレビュー確認し、設定が確認できたら「公開」をすれば測定が開始されます。

 

以上、YouTube測定の設定方法でした。

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事