news

Google Chrome69よりセキュリティ保護のラベルを削除

Google Chrome69よりセキュリティ保護のラベルを削除

GoogleはChrome69よりHTTPSに対応しているサイトに表示される「鍵アイコン」や「保護された通信」ラベルを削除すると発表しました。

今回はこの内容について特集します。

 

セキュリティに関するUIを変更

現在HTTPSに対応しているページは、Chromeでは「鍵アイコン」と「保護された通信」ラベルで表示されますが、2018年9月よりリリースされるChrome69では、段階的に削除されます。

セキュリティラベルやアイコンがなくなることで、不安になる方もいると思いますが、セキュリティで守られていることが主流になってきているので、説明する必要がないとGoogleは判断したようです。

 

HTTPのサイトに関する警告について

HTTPSが主流になってきているとはいえ、まだまだSSL化の対策がされていないページはたくさんあります。

GoogleはSSL化していないHTTPのページに対して、警告表示を強化していきます。

 

具体的には、2018年7月にリリースされるChrome 68より、HTTPページに「保護されていない通信」ラベルが表示されます。

そして、2018年10月リリース予定のChrome 70 よりHTTP通信でフォームを送信するページの「保護されていない通信」ラベルが文字を入力すると瞬時に赤色に反転します。

Googleはこのような視覚的効果も使って警告をすることで、ユーザーへの注意喚起を強化していくのでHTTPページはより厳しい立場になっていくでしょう。

まだHTTPS化が進んでいない場合は早急に対応していくことが重要です。

 

この記事のライター

CroJa 編集部

おすすめの記事

WEB担当者必見!!

実務に役立つ情報をメルマガで無料配信しています。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録はこちらから

関連する記事