seo-cro

【最新版】10分でわかるサーチコンソールの登録と使い方について

【最新版】10分でわかるサーチコンソールの登録と使い方について

Googleサーチコンソールは、ウェブサイトのパフォーマンスを把握する上で最良のツールのひとつです。
また、サーチコンソールはサイトを訪問した人が使用した「検索キーワード」を正確に把握できる、ほとんど唯一のツールです。

サーチコンソールを使うために必要なもの

サーチコンソールを使うためには、サーチコンソールに自身の管理するウェブサイトを登録する必要があります。
その際必要になるものは以下の通りです。

● Googleアカウント(サーチコンソールにログインするため)
● ウェブサイトのアドレス(トップページのURL)
● ウェブサーバーへのアクセス権限(※可能な場合のみで大丈夫です)
● Googleアナリティクスへのアクセス権限(※可能な限り、サーチコンソールとGoogleアナリティクスは同じGoogleアカウントを使用することを推奨します

サーチコンソールは『Googleアナリティクス』や『Google広告(旧GoogleAdWords)』と同じように、Googleが提供するソリューションです。このため、使用するにはまずGoogleアカウントを取得し、サーチコンソールにログインする必要があります。

サーチコンソールのログインURLは以下になります。
https://search.google.com/search-console/welcome?hl=ja

最初にウェブサイトをサーチコンソールに登録する

GSC登録画面
サーチコンソールにはじめてログインすると、このような画面となるはずです。
「プロパティタイプを選択してください」と書かれていますが、サーチコンソールでは登録したウェブサイトのことを「プロパティ」と呼称します。
つまりこの案内文は「ウェブサイトをサーチコンソールに登録する方法を選んでください」ということです。
選べる手段は2つ。「ドメインプロパティ」または「URLプレフィックス」があります。
ウェブサイトの構成や普段の管理方法次第で選ぶと良いでしょう。

ドメインプロパティを使用してウェブサイトを登録するケース

こちらは名前の通り、ドメインをサーチコンソールのプロパティとして登録する手段になります。
一度登録するだけでサブドメインやHTTP/HTTPS、wwwありなし等、あらゆるパターンを含むサイト全体が1つのプロパティ内に収まるので、比較的簡単・迅速に登録できることが魅力です。
その反面、登録時にDNSレコードの追加が必要になるため、ドメイン契約時の情報(ドメイン管理画面やDNS管理コンソールなど)へのアクセスが必要になります。管理権限のない方やサーバー/ドメイン関連の契約に疎い場合は少々ハードルが高い可能性があります。
また、ドメインプロパティを選択すると、前述の通りサブドメインがすべて1つのプロパティ内に収まります。
業務形態などによって、サブドメインを別のサービスや事業部門で使用しているなど、統合したくない場合はもう1つの手段「URLプレフィックス」を使用することになります。

URLプレフィックスを使用してウェブサイトを登録するケース

URLプレフィックスを使用すると、入力したURLのみをプロパティに登録します。
サブドメインを本体と別のプロパティとして扱えるようになりますが、その反面「HTTPとHTTPS」「index.htmlあり・なし」「wwwあり・なし」など、複数のURLパターンがある場合は個別に全て登録する必要があります。
またこちらの場合、所有権の確認方法が複数あるため、ドメイン管理画面にアクセスできない(DNSレコードの追加作業ができない)場合でもサイトを登録できる可能性があります。

ウェブサイトの「所有権」を確認(証明)する

サーチコンソールにウェブサイトを登録する作業とは、URLを入力するだけではありません。
「このサイト(URL)は自分(自社)の所有物です」と証明する必要があります。このため、プロパティ作成時に「所有権の確認」という作業が求められます。
サーチコンソールでは、所有権を証明できたプロパティのみデータを閲覧することができます。このため、他者の作ったサイトを勝手に登録して流入状況を盗み見るようなことはできません。

所有権を確認する方法

ドメインプロパティを使用している場合はDNSレコードを追加することで所有権の証明となります。
URLプレフィックスを使用している場合は、以下の中から選んで確認します。(どれか1つだけでOKです)

● HTMLファイルのアップロード
サーチコンソールからHTMLファイルをダウンロードし、それを登録したいサイトのデータがあるサーバーのルートディレクトリ(最上層。ここでは index.html と同じ階層)に設置します。
● HTMLタグの挿入
サーチコンソールに表示されたHTMLタグをコピーし、登録したいサイトの内に記載します。
● Googleアナリティクスとの連携
サーチコンソールに登録したいサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが入っている場合、そのトラッキングコードと同じIDを持つGoogleアナリティクスのプロパティ設定からサーチコンソールの所有権確認が行えます。Googleアナリティクスの「管理」画面、「プロパティ」カラムの「すべての商品」を選択すると、「Search Console」項目があります。
● Googleタグマネージャーとの連携
サーチコンソールに登録したいサイトにGoogleタグマネージャーを使用している場合、タグマネージャーから所有権の確認を行うこともできます。この作業を行うには、タグマネージャーのコンテナの公開権限が必要です。

なお、一部の例外として、たとえばGoogle Domainsにドメインを登録している場合、そのドメインに登録したプロパティは自動的に確認されます。

複数の手段があることで、サーバーへのアクセス権限がない場合や特定のツールを使用していない場合でもサーチコンソールにサイトを登録することができます。
が、それぞれの手段にはデメリットもありますので、どの方法で所有権を証明したかは覚えておいたほうが良いでしょう。
以下ではデメリットの例を提示します。

● HTMLファイルのアップロード
サーバー移管やメンテナンス時に誤ってHTMLファイルを削除したり、場所を移動したり、ファイル名や中身を変更してしまうと所有権を証明できなくなります。
● HTMLタグの挿入
ページ内の修正等を行う際に誤ってHTMLタグを削除したり、書き換えたりしてしまうと所有権を証明できなくなります。
● Googleアナリティクスとの連携
何らかの理由によりトラッキングコードがページ内から消失したりすると所有権を証明できなくなることがあります。
● Googleタグマネージャーとの連携
Googleアナリティクスと同じような状況になることがあるほか、タグマネージャーの使用をやめたり、別のタグマネージャーに乗り換えたりする際は所有権が失われる可能性があります。

もしも所有権を失ったらどうなる?

サイトの所有権が何らかの理由により失われたとしても、管理者側に大きなデメリットは生じにくいつくりになっています。
所有権が失われると、サーチコンソールのデータが閲覧できなくなります。
ただ、再度所有権を確認しさえすれば、再びデータにアクセス可能になります。
また、所有権が失われている間もデータは蓄積されており、消失から再確認までに時間がかかったとしても、その間のデータが失われることはありません。

アクセス権限を共有、移譲する

GSC設定

さて、ウェブサイトの登録、所有権の確認が済んだら、いよいよサーチコンソールを使っていくことになります。
ですが、商用サイトの場合、時間が経つと担当者が変わったりして、1人(1つのアカウント)でサイトの所有権を持ち続けることが困難な場合があります。
そこでサーチコンソールでは、アクセス権限を他のアカウントに付与したり、所有者を委任したりすることができます。

サーチコンソールの「設定」から「ユーザー」に入ると、画面の右上に「ユーザーを追加」というボタンが出現します。
ここからアクセス権限を渡したい相手のGmailアドレスを入力し、権限レベルを選択して「追加」をクリックします。

サーチコンソールの権限レベルとは

GSCユーザーを追加する画面

サーチコンソールのアクセス権限には「制限付き」と「フル」の2種類があります。
別途、サイトのオーナーを示す「所有者」というレベルもあるので、アクセス権限の強さは3つの段階に分けることができます。
それぞれの役割としては、

● 所有者
サイトの所有者。プロパティの追加/削除、ユーザーの追加/削除や権限レベルの変更を含め全ての操作が可能。
● フルユーザー
サーチコンソール上でのほとんどの権限を持つユーザー。アドレス変更(サイト移管)、Googleアナリティクスとの連携、所有者の追加/削除は行なえません。
● 制限付きユーザー
原則としてデータを見ることしかできないユーザー。外部の者に一時的に見せる際などに使用。

というように区別されます。
より詳しくはサーチコンソールの公式ヘルプをご確認ください。
(https://support.google.com/webmasters/answer/7687615?hl=ja)

通常、企業サイトの場合、マーケティング部門の管理権限を持つ人間が「所有者」権限を持ち、実務担当者に「フル」権限を与え、外部ライターなどが一時的に見る必要がある際に「制限付きユーザー」を発行する、といった運用イメージになるかと思います。

所有者を委任する

GSC所有者
サーチコンソールでは「所有者」権限も他者に渡すことができます。
これを「委任」といい、委任された所有者は所有者と同等の権限を持ちます。
「所有者」と「委任された所有者」の違いは、所有権の確認を自分で行っているか否かです。

ただ、高いレベルの権限を与えると一部データの改変が可能になるなど、不利益を生じる可能性があります。
たとえば「委任された所有者」は、新しいユーザーに権限を付与したり、反対にアクセス権を持つ他のユーザーから権限を剥ぎ取ったり、プロパティを削除することができます。

権限を付与する対象は信頼関係を築いた相手に限るなど、よくよく吟味する必要があります。

サーチコンソールの使い方

サーチコンソールでは、登録したプロパティ(=ウェブサイト)の健康状態を把握したり、訪問者が何をしにきたのかを分析することができます。

サイトの健康状態を把握する方法はいくつかありますが、基本的にGoogleの検索クローラーがサイトを訪問した結果を見せてくれるため、非常に貴重かつ有意義なものです。

URL検査

サーチコンソールの「URL」検査とは、言葉の通りURL(ページ)を検査する項目です。
ここでは、「Googleのロボット(クローラー)が訪問した時、そのページ(URL)がどう見えたか」を確認することができます。

インデックスカバレッジ

カバレッジとは「網羅」を意味する言葉です。
インデックスカバレッジレポートでは、プロパティ(=ドメイン)内でクロールされたページのうち、何件が有効(=インデックスされている)で、何件が除外(=インデックスしないよう設計されている)で、何件にエラーが出ているかが簡単にわかります。

また、それぞれの項目(有効、除外、エラー)に該当するページの件数は日別に集計されるため、推移としても見ることができます。
たとえば日を追うごとに「エラー」の件数が増えていたり、特定のタイミングで一気に件数が動いていたりする場合、ウェブサイトに何らかの技術的な問題が発生しているかもしれません。

インデックスカバレッジ

エラーが出ている場合、その詳細もわかります。
それぞれの項目をクリックすると、「該当するページ」と「エラーが検出されたタイミング」もわかります。

除外項目にも要注意

インデックスカバレッジの除外項目

インデックスカバレッジレポートにおける「除外」項目とは、インデックスからの除外、つまり検索結果には出現しないページ(URL)を扱う項目です。
ただ、ページによってはNoindexタグを付与するなど、あえて「検索結果に出さない」運用方法を取ることがあります。
そういうページは「インデックスされていないけど問題ないよ」という意味で、エラーではなく除外項目に追加されます。

しかし、除外項目の中には「Googleが問題ないと判断した」ためにエラーにならなかった項目も存在します。これが何を意味するかというと、サイト運用者側の意図とは異なる理由で除外されているページがあるかもしれないということです。

GSC 重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません

たとえば「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」というステータス項目があります。
これは要するに、URLパラメータ等によって1つのページを表すURLが複数パターン存在するが、Canonical等によって正規ページとなるURLを指定していない場合に検出されます。
複数パターン存在するうちのどれを正規ページとしてインデックスするかGoogleがはかりかねていますが、「このURLは正規ではないだろう」とGoogleが判断したパターンがこの「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」項目に計上されます。
項目にアクセスすると該当するページURLが確認できるのですが、中にはパラメータが付与されていないURL(=もしかしたら本来これを正規とするべきかもしれないもの)が計上されることもあります。
ただしこれも、実際にそのURLにアクセスしてみると301リダイレクトがかかっているケースも存在するため、「どのURLを(現時点での)正規とするか」についてはサイト運営者が判断し、Googleが認識できるかたち(Canonicalなど)で対処する必要があるでしょう。

それぞれのステータスの詳細はインデックスカバレッジのヘルプ
(https://support.google.com/webmasters/answer/7440203#duplicate_page_without_canonical_tag)から見ることができます。

拡張レポート

GSC 拡張レポート
サーチコンソールには、これら以外にも様々なレポートが存在します。
ただ、それらの多くは「登録したプロパティ(ウェブサイト)の仕様上そのレポートが必要になった時」に、サーチコンソールの画面に出現するようになっています。

たとえば、AMP拡張レポートはウェブサイトがAMPに対応している場合にのみ出現します。
また、検索パフォーマンスレポートに出現する「Discover」は、スマートフォンのGoogleアプリ起動画面(ここの名称がGoogle Discoverといいます)に自身の所有するページが出現した場合に登場します。

拡張レポートには様々な種類がありますが、いくつかのレポートは、特定の構造化データに紐付いています。

たとえば「求人情報」レポートはJobPosting構造化データが存在する場合に出現、「パンくずリスト」レポートはBreadcrumb構造化データが存在する場合に出現、「解析不能な構造化データ」レポートは、ページ内に存在する構造化データに不備が認められた場合に出現するといった具合です。

基本的に拡張レポートはどれもインデックスカバレッジと近い役割があり、該当するページのうち「有効」なページ数、「エラー」が出ているページ数と詳細がわかるようになっています。
また、一部の構造化データには「必須」あるいは「推奨(必須ではないが含めたほうが良い)」とされる項目があることから、「有効(警告あり)」というステータスも存在します。
必須項目が抜け落ちていたり、書式を間違えているなど、明らかに構造化データとして不備がある場合は「エラー」に計上されます。推奨項目が抜けている場合などは「有効(警告あり)」に計上されます。

また、それ以上に要注意なのが、このレポートに計上されるページはあくまでもGoogleが「対象の構造化データがページ上に存在する」ことを認めた場合のみという点です。
どういうことかというと、記述ミスによって構造化データが検出できなかった場合、それは「構造化データが間違っている」とはみなされず、「ページ内に構造化データが存在しない」と認識されるため、エラーとして計上されません。

まとめ

Googleのクローラーに自身のサイトがどう見えているか、クローラーはいつ訪問したのか、モバイル対応は適切にできているのかといったことは、ウェブサイトを運営する方にとって常に気になる情報です。

最初にお伝えした通り、サーチコンソールを扱うためにはウェブサイトの所有権が自身にあることを証明する必要があります。
このため、証明できたウェブサイト(=プロパティ)に関しては非常に多く、詳細なデータを確認することができます。

それだけにサーチコンソールで閲覧できるデータは、ものによっては機密性が高く、部外秘となる可能性があります。

アクセス権限には充分注意して運用し、ウェブサイトを最適な状態のまま長く維持することで、ビジネスを円滑に進められるようになるはずです。

弊社では、ウェブサイトKPI達成に向け、戦略・戦術立案から施策の実行・効果検証・改善までを一気通貫でご支援可能ですので、お気軽にご相談ください。


ハートラスのウェブサイトコンサルティングサービスの詳細はこちらご相談やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

この記事のライター

六川卓郎

六川卓郎株式会社ハートラス

ウェブコンサルティングディヴィジョン

2018年にクロスフィニティ株式会社へ中途入社。前職は広告代理店、その前はフリーランスウェブライター。一貫してSEO内部対策に関わっており、各種Web言語/ツール系が得意。

おすすめの記事