seo-cro

トラッキングテンプレートを活用したパラメータの管理方法

トラッキングテンプレートを活用したパラメータの管理方法

パラメータとは

パラメータ(parameter)には、「変数」という意味がありますが、
今回ご説明するパラメータは、「URLパラメータ」と呼ばれるものになります。
URLパラメータとは、URLの末尾に付与するパラメータ(文字列)を指します。

一般的に、URL末尾に「?」を付け、その直後に「パラメータ名=パラメータ値」といった形式でパラメータを付与します。
複数のパラメータを付与する場合は、「&」で区切り、付与したいパラメータを追加していきます。

例 https://www.example.com?utm_source=googlesem&utm_medium=cpc

URLの末尾に付与するURLパラメータは、GoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールで広告の効果測定を行う際に用います。
広告のリンク先URLにパラメータを付与することで、広告経由のアクセス数やコンバージョン数を計測することが可能となります。

GoogleAnalyticsにおけるパラメータの種類

広告によって、流入元等を識別するパラメータを分けて付与することで、媒体別や広告別のアクセス数やコンバージョン数などの成果を計測できるようになります。
アクセス解析ツールによって、パラメータを付与する際のルールは異なりますが、アクセス解析ツールの1つであるGoogleAnalyticsで計測を行う場合、URLに付与できるパラメータは以下の5種類となっております。

パラメータの種類

GoogleAnalyticsで計測を行う場合、上記のパラメータを付与することになりますが、必ず「utm_source」、「utm_medium」を設定する必要がありますのでご注意ください。
また、パラメータを付与する場合は、GoogleAnalyticsとリンクしない、もしくはGoogleAnalyticsとリンクの上、自動タグ設定のオーバーライドを有効にする必要がありますので、ご注意ください。

キーワード粒度での計測方法

リスティング広告を運用している場合、管理画面からでも、どのキーワードがコンバージョンにつながったのかを把握することは可能ですが、GoogleAnalyticsでアクセス数やコンバージョン数を確認している場合、どんなキーワードからアクセスし、コンバージョンに至ったのかを把握することで、計測結果を運用調整に活かすことができ、より効果を高めることができます。

前述のように、「utm_term=◯◯」というパラメータを用いることで、キーワード毎の実績値を確認することは可能ですが、設定しているキーワードの数が多い場合、上記のパラメータを用いてキーワード1つ1つにパラメータを付与するのはとても工数がかかり、管理が煩雑になってしまいます。

そこで、より効率良くキーワード毎にパラメータを付与する方法が「utm_term={keyword}」を活用することです。

「utm_term={keyword}」というパラメータをURLに付与することで、ユーザーが検索したキーワードが「{keyword}」部分に自動的に挿入されるため、どのキーワードから流入し、コンバージョンに至ったのかを確認することができます。

注意点としては、「{keyword}」部分に挿入されるキーワードは、「ユーザーが検索した検索語句」ではなく、入稿したキーワード単位で数値を確認することができるという点ですので、ご注意ください。

トラッキングテンプレートとは

ここまで、パラメータについてご説明してきました。
上記を踏まえ、パラメータを設置する際、どの粒度までデータを見ていきたいのかを整理した上で
パラメータを振り分けることになるかと思いますが、パラメータを振り分ける粒度を細かくすればするほど、パラメータの管理は煩雑になり、ミスにつながりやすくなります。

そこで、パラメータを簡単に管理することができる方法の1つが、「トラッキングテンプレート」を活用することです。

トラッキングテンプレートとは、外部計測ツールを使用する場合に、トラッキング情報を入力する項目です。
これは、GoogleでもYahoo!でも設定することが可能であり、Googleでは「トラッキングテンプレート」、Yahoo!では「トラッキングURL」と呼ばれる項目となります。
広告がクリックされた際に、最終ページURLにトラッキングテンプレートの情報が追加され、ユーザーが実際にアクセスするランディングページのURLが生成される仕組みとなっております。

トラッキングテンプレート

トラッキングテンプレートを活用するメリットは、パラメータの一括管理が可能という点です。
キャンペーン単位、広告グループ単位のトラッキングテンプレートは、対応するキャンペーン、広告グループの全広告に適用されます。そのため、トラッキングテンプレートを活用することで、パラメータの一括管理が可能となり、パラメータの設定ミスの発生を防ぐことができます。

トラッキングテンプレートの設定方法

ここでは、前述したトラッキングテンプレートの設定方法についてご説明いたします。
Google、Yahoo!共に、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードのどの粒度でも設定方法は同様で、以下の図のように、管理画面のキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの設定項目にて、トラッキングテンプレートを設定することが可能です。

また、前述したように、キャンペーン単位、広告グループ単位のトラッキングテンプレートは、対応するキャンペーン、広告グループの全広告に適用されますので、
ご自身が設定したいパラメータの粒度に合わせて、トラッキングテンプレートの設定粒度を選択いただければと思います。

■Googleリスティングでの設定例

Googleトラッキングテンプレートの設定方法

■Yahoo!リスティングでの設定例

Yahooトラッキングテンプレートの設定方法

トラッキングテンプレートを設定する際の注意点として、最終ページURLを代入する役割を持つ「{lpurl}」を「?」の前に必ず記載する必要がありますので、ご注意ください。

まとめ

今回は、パラメータやトラッキングテンプレートの活用方法についてご紹介いたしました。
どの粒度でパラメータを設置するとほしいデータが取得できるのかを踏まえた上で、パラメータを設置し、取得データに基づいて運用施策に落とし込むことが重要です。
自社内運用でお悩みの際はお気軽に弊社までご相談いただけますと幸いです。

この記事のライター

Column by DIGITAL SHIFT 編集部

Column by DIGITAL SHIFT 編集部

おすすめの記事